お問い合わせ/FAX

容器の事でお困りでしたら、
どんな事でもお電話・メールにてお問い合わせ下さい。
ご連絡お待ちしております!

サンプルオーダーはこちら

トップ > 豆知識 > 化粧品容器の材質と形状

形状と材質から見た化粧品容器の種類|容器屋.com

形状と材質から見た化粧品容器の種類




化粧品容器 化粧水や乳液、美容クリームなどの化粧品容器には様々な形状や大きさ、材質があります。
おしゃれなデザインが多く、一見デザイン性だけ重視して作られているように思われるかもしれませんが、実は化粧品の特性や使いやすさを考え合わせて容器が使われています。

 

化粧品容器の材質

容器の材質といっても様々ありますが、大きく分けるとガラスとプラスチック樹脂です。
ガラス製の容器は頑丈なので、外界からの刺激にあまり影響されません。
容器そのものも変質することはないので、容器を変質させてしまうような薬品にはガラス製の容器が使用されています。
ただし、重くて割れやすい材質でもありますので、うっかり落としてしまったら割れてしまい、中身も飛び散ってしまいます。その点、プラスチック樹脂はガラスみたいな重さがなく、軽くて使いやすくなっています。処分も簡単なので、持ち運び用化粧品に向いています。
『ポリプロピレン(PP)』や『ポリエチレン(PE)』と記載されているものが樹脂です。
『ポリプロピレン(PP)』や『ポリエチレン(PE)』は、食品や医薬品、塗料などの容器にもよく使用されています。

 

化粧品容器の形状について

容器の形状も多種多様となっていますが、中に入れる化粧品によって使い分けされています。
クリームなどのペースト状になった化粧品にはチューブや広口ボトル、化粧水などの液体の化粧品にはスプレー容器やキャップ容器、乳液にはポンプ容器、空気中の酸素に反応してしまうような内容物の場合はエアレス容器が使われています。

通販で容器の小売販売をしている容器屋ドットコムでは、化粧品容器として使える商品を多数取り扱っており、小ロットでご購入いただけます。
海外製の商品もございますが、日本へ輸入してきた商品は国内での全数検査と再梱包作業を徹底しておりますので、安心・安全な品質をご提供いたします。業務用ローションや業務用乳液などを制作する際には、ぜひご検討ください。
 

ページのトップへ