トップ > 豆知識 > プラスチック容器の取り扱い方法

プラスチック容器の取り扱い方法|容器屋.com

プラスチック容器の取り扱い方法




化粧品や雑貨、食品など様々な用途に使用されているプラスチック容器。軽量で使いやすく、種類もポンプ式・スプレータイプなど豊富にあり、私達の生活には欠かせない存在です。優れた機能を兼ね備えたプラスチック容器ですが、使い方を誤ると劣化する恐れがあります。
そこで、こちらでは「プラスチック容器の取り扱い方法」をご紹介します。正しい使い方をマスターして、より上手に使用しましょう。

 

薬品の保存方法は慎重に…

一般的に、プラスチック容器は薬品に強いです。しかし、種類によってはアルコールや油に弱いものもあります。例えば、ポリスチレンの素材で作られた容器。これに、アルコール、もしくは食用油を保存すると、細かいひび割れが発生する可能性があります。
また、ベンジンやシンナーなどの有機溶剤はプラスチックを溶かす恐れもあります。長時間保存する際は、プラスチック容器に入れる中身の成分にも注目しましょう。

 

火の側に置かない

プラスチック容器は、火の近くに放置すると、容器が変形してしまう可能性があります。もちろん、素材によっては熱に強いタイプもありますが、繰り返し使用することで劣化の進行が早まることもあります。
使用する際は、表示内容を確認することを忘れないでください。また、プラスチックは直射日光の当たる場所に置くと、もろくなったり変色することがあります。保管する際は、太陽の日差しが当たらない場所に置きましょう。

 

洗い方

プラスチックの表面は意外と軟らかいです。強く洗うと傷つきやすいので、スポンジで優しく洗いましょう。
また、プラスチック容器にも寿命があります。同じものを長く使用すると、衛生的にも良くないので、時期をみて買い替えることが大切です。

皆様のご家庭にも必ずあるプラスチック容器。正しい取り扱い方法で使用して、より生活に役立てていきましょう。

容器屋ドットコムでは、化粧品やトイレタリー、業務用など、様々な用途でご利用できる容器を販売しています。
通販で簡単にお買い求めいただけますし、小ロットからの販売も行っているので、新商品の販売を検討されている中小企業様にもおすすめです。
また、上記で紹介したプラスチック容器はもちろん、ガラスボトルやクリームジャーのご注文も承っています。ホームページに掲載されていない商品も御座いますので、お探しの商品がある方は、ぜひお問い合わせください。

ページのトップへ